泥棒猫

猫を飼っている方ならご存知の方が多いと思いますが、チャオチュールが本当に好きです。
それは我が家の子達も例外ではなくみんなの大好物なのですがひと際食い意地が強い子がいます。

我が家ではオルちゃんです。
一時は一日一つ与えていた時期がったのですが、仕事から帰ると毎日チュールをよこせを連呼してきました。

チュールをケースに入れずに置いていると袋のまま噛み破り食い散らかしてしまうので必ず蓋つきのケースに格納していました。

ある日仕事から帰ると部屋中には無数の食い散らかされたチュールの残骸が・・・
見てみると封をしていたはずのチュールが空いている・・・
当時オルちゃん、シロナ、マフィンの3匹しかいない我が家でした自然と犯人は絞りこまれます。
名探偵じゃなくても犯人は分かります。

しかしここでオルちゃんと決めつけるのは少し可哀そうです。
また猫は過去の記憶が浅く、過ぎたてしまった過去の悪戯の事を注意しても今の行動を怒られていると感じてしまい過去の事で怒るのは躾上良くないと言われています。
※僕はこの説は狡猾な猫達によるデマで自分たちの悪戯を追求されない為に流されたものだと思っています。

悪そうな顔してます

犯人を探し出す為に僕は食い違う食い散らかされたチュールをマフィンの目の前に持っていきます。
しかしマフィンはどこ吹く風に興味を示さず、素通りするだけです。
そしてシロナに関しても同様です。またシロナは元々そこまでチュールに関心がなく犯人である説はなくなりました。

最後に残ったのはやはり第一容疑者のオルちゃんです。
食い散らかされたチュールの残骸をオルちゃんに見せると一目散に逃げ出しました。
なんて豪快な自白なんだ・・・


僕はお仕置にオルちゃんの耳を甘噛みしました。
そしていつも変わらずチュールを上げました。


僕にとっては世界で一番可愛い泥棒猫でした。


最新情報をチェックしよう!

オルタの最新記事8件

>オシマフ日記

オシマフ日記

我が家の可愛い猫達を紹介するブログです。 基本的には我が子達の紹介に始まり、日常をお伝え出来ればと思います。 オルタ、シロナ、マフィン、ユキ、シズク、ファンキーと飼い主です。 至らない飼い主ですがよろしくお願いします。

CTR IMG