シロナとの出会い

  • 2020年5月7日
  • 2020年5月8日
  • シロナ
  • 23view

オルちゃんとの出会いから半年程経ちましたが、一人暮らしをしている身としては気になるのは仕事に行っている間寂しい想いをさせているのではないかという事でした。

猫は犬と比較すると孤独からのストレスを感じにくいとは聞いた事がありましたがそれでも心配はありました。

何故なら僕がお風呂に入ったり、トイレに入って家にいながらもオルタから見えない場所にいると寂しそうに僕を探している鳴き声が聞こえていたからです。

そんな時、母親が僕の家に遊びに来ました。

そして母は『オルちゃんずっとアンタのこと探してたよ』と教えてくれました。

その時、もう一匹引き取ろうと思うようになりました。

そんな時にSNSで里親募集を見かけ早速応募する事を決意。

出来ればオルタと年の近い子猫がいいと思い色々応募してみますが子猫が人気があるのか出会いが巡り会う事がなかったのですが、そんな時に出会ったのが真っ白の猫でした。

早速応募し、連絡を取り合い遠方になりましたが、そんな事は気にせず迎えに行くのでした。

仕事の帰りに自宅にお伺いさせていただき、初めてシロナに対面させていただいた時に二つの事に驚きました。

当時、生後3か月程だったシロナは初めて会ったにも関わらず僕の膝に乗ってきてゴロゴロと喉を鳴らし甘えてきてくれたのです。他にも沢山のシロナの兄弟に出迎えてくれたのですがシロナだけがいきなり甘えてきてくれたのです。

そして改めてこの子以外あり得ないと思いました。

そしてもう一つ驚いたのがシロナのお父さんでした。

あり得ないくらい大きかったです。どのくらいかというよ中型犬程の大きさでした。大型品種の成猫というのを見た事のなかった僕にとっては今でもこれ以上見た目のインパクトのある猫には出会った事がありません。

そうして飼い主さんと少し談笑し引き返そうとしたとき、やはり募集されていた方が寂しそうにされており、お預かりするからには必ずこの子を幸せにしようと思いました。

最新情報をチェックしよう!

シロナの最新記事8件

>オシマフ日記

オシマフ日記

我が家の可愛い猫達を紹介するブログです。 基本的には我が子達の紹介に始まり、日常をお伝え出来ればと思います。 オルタ、シロナ、マフィン、ユキ、シズク、ファンキーと飼い主です。 至らない飼い主ですがよろしくお願いします。

CTR IMG